2007年12月14日金曜日

ミクシ発の自爆炎上について

 まずは昨日の話の続き。
 先の投稿にて小沢の行方について言及しましたが、今朝のテレビ朝日の報道によると、どうやら案の定というか選挙に向けて全国行脚を再開しているようです。道理で政局に絡んで鳩山しか出ないかと思ったら、民主党はきちんと機能を分けているなぁ。

 それで、今回のネタです。今回は最近あちこちで起こっているmixi、まぁ面倒くさいか後はミクシって書くけど、ここで続々と起こる炎上事件についてです。
 まずいままでのおさらいですが、最初にミクシで起こった代表的な炎上事件と呼べるのは俗に言う、「コロンビア事件」でしょう。これはアタック25で優勝した男性が自身のミクシ内の日記にて、予選のペーパーテストの最中カンニングをしたと言った事から発展し、優勝は不当だとあちこちで取り上げられるようになった事件です。
 そして次の事件は現在もまだ盛り上がっている、「ケンタッキーゴキブリ事件」です。これはニコニコ動画にて炎上した「テラ豚丼事件」に触発されたのか、これまたミクシ内の日記にてケンタッキーのアルバイト中にゴキブリをふざけて揚げ殺したと高校生が自慢げに語った事がきっかけで、この日記の作者は実名やら学校名やらさらされた挙句激しく批判され、スポーツ新聞の報道によると学校まで退学する事になったそうです。
 そしてこれはかなりホットな話題ですが、またもや先の事件に触発されたのか、ある大学生がミクシ内にてバーミヤンでのあるバイト中、ラーメン鍋にゴキブリが入っていても客に出していたと告白し、バーミヤン側も事実無根と反論するなど泥沼化し、現在この日記の作者である大学生の行方が注目されています。

 まぁこれに限るわけではないですが、この手の2ちゃんねる発のバカ騒ぎについては批判も多く、今回に限っては二番目の事件で高校生が退学にまで追い込まれた事について、やりすぎだったという逆批判も起こっています。その一方、自ら犯罪を告白しており、またその内容も取り方によっては威力業務妨害にも繋がりかねない内容である故に、当然の制裁だという意見もあります。また逆に、ある意味で不衛生な厨房環境の事実を述べたに過ぎず、内部告発として受け止めるべきだという意見もあります。

 ここからが私の意見になりますが、やはり私は後ろの二つの事件に関しては、威力業務妨害にあたるとして、両者への批判は社会的制裁として当然の結果だと思います。むしろ販売店側とすれば、クリスマス商戦を控えてのこの時期にこんな報道をされてその損害は計り知れず、両者へ対して賠償補償を取ってもいいのではないかと思います。
 確かに後者の意見、内部告発と考える事もできるのですが、ミートホープの社長じゃないですが、消費者の側も食の安全がタダで保障されていると過信するのは問題でしょう。外食系でアルバイトをしたものならば、厨房にゴキブリが巣食うのはしょうがないことだとわかる事ですし、それを考慮に入れた上で外食店は利用するかどうか、消費者自身が決めるべきだと私は思っています。もちろん過度に不衛生である、ミートホープや雪印食品のような例は問題ですが。

 ただ今回の問題を少しややこしくしているのは、自爆したケンタッキーの方があまりの批判に対して、「実は嘘でした」と、自分の発言を引っ込めている点です。それこそ彼の言うとおりの事実があったならば、販売店側は賠償請求をする事はお門違いでしょう。ですが本当に嘘だったならば、これは疑いようもなく威力業務妨害になります。そういった意味で、顔や実名は明かさずとも、ケンタッキーとバーミヤンの事件の張本人は、それぞれの販売店と一緒に記者会見か、事実報告を行わなければこの騒動はまだしばらく続くでしょう。実際、2ちゃんねるなどではケンタッキー側が事実隠蔽をはかっているのではないかと、疑惑の目を持っています。

 とまぁ、本当に書きたかったことはこんなのじゃないんですけど、続きは次の投稿で。余裕があれば今晩中に書きます。にしても、えらく文章が多くて硬派なブログだなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント、ありがとうございます。今後とも陽月秘話をよろしくお願いします。

注:ブラウザが「Safari」ですとコメントを投稿してもエラーが起こり反映されない例が報告されています。コメントを残される際はなるべく別のブラウザを使うなどご注意ください。